このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan

28

【ハンズオン】LINE Bot×SORACOM Beamで画面の彼方のデバイスを遠隔操作してみよう!

超能力!?いいえ、IoTです!SORACOMとあなたの手元のLINEでリモートデバイス制御!

Organizing : LINE Developer Community

Registration info

Description

イベント概要

SORACOM UG様とのコラボイベント第2弾は、LINE Botによるデバイスの遠隔制御!AWS IoT CoreSORACOM Beamを経由して、デバイス(KeiganMotor)をLINE Botでコントロールできるようになります。なんと今回は、実際に皆さんのコードでデバイスが動く様子を、映像で中継します!(Thanks to @ma2shita !)

ハンズオンは初級編と中級編に分かれており、プログラミング初心者の方も、クラウドをバリバリ使いこなしている方も、どちらもLINEとSORACOMの楽しさを体験していただける構成となっております。

趣味からライフハック、デジタルトランスフォーメーションまで、様々な面で応用が効くハンズオンです。久しぶりに生のデバイスが動くハンズオンを、ぜひ体験してみませんか?

本イベントのお申込はLINE Developer Community様connpassページで受け付けております。

お申込はこちら:https://linedevelopercommunity.connpass.com/event/235647/

ハッシュタグ

ハッシュタグは #soracom #soracomug #linedcです。ぜひこれを付けてTwitterで呟いてください!

こんな人におすすめ

  • SORACOMと他のデバイスとの連携を体験したい人
  • 流行りのLINE連携でどんな事ができるようになるか知りたい人
  • 新しいSORACOMサービスを試してみたい人
  • ステイホームでハンズオンに飢えている人

このイベントで学べること

  • 初級編:スマホ側のLINE Botと、デバイス側のSORACOMの連携イメージ
  • 中級編:クラウド側(Lambda×API Gateway)の働きと、LINE API、SORACOM Beamとの連携の実際

制作物イメージ

事前準備

  • PC (Windows/Mac OS、ブラウザはChrome、もしくは Firefoxをインストールしておいてください)
  • SORACOMアカウント
  • SORACOMアカウントの作成手順はこちら
  • LINEのアカウント(メールアドレスとパスワードの登録をお願いします
  • 登録手順はこちら)
  • AWSアカウント

タイムテーブル(最新情報はLINE Developer Community様のconnpassページで確認をお願いします。)

時間 内容
18:55 Youtube配信開始
19:00 - 19:05 オープニング
19:05 - 19:30 座学
利用するサービスとシステム構成(松下さん・三浦さん)
19:30 - 20:30 ハンズオン(初級編)
20:35 - 21:35 ハンズオン(中級編)
21:35 - 21:50 Q&A
21:50 クロージング

登壇者

三浦 耕生(LINE API Expert)


▲三浦さん出演のYoutube番組

ゲーム会社のエンジニア 中学時代はFlashを使ってゲームを開発していたが、大学時代にロボット工学を専攻し、ハードよりの開発を始める。しかし、研究室配属をきっかけにプログラミングを始め、その後趣味でLINE bot開発を始めてWeb、クラウドの世界にのめり込み、ハッカソンで成果を残す。2020年1月にIBM Champion 2020に選出。 好きなSORACOMのサービスはSORACOM FuncとSORACOM Arc

Twitter : https://twitter.com/k_miura_io
Facebook : https://www.facebook.com/koki.miura05
Blog:https://supernove.hatenadiary.jp/

松下 "Max" 享平(株式会社ソラコム テクノロジーエバンジェリスト)


IoTの活用事例を通じて、SORACOMのサービスを企業や開発者に利用いただくための講演や執筆活動を担当。
90年代のISP事業支援をキャリアスタートとし、2000年にはLinuxサーバーメーカーにて情報システムやEC事業を担当。
2015年からはIoTの事業開発をリードしてメガクラウドとの協業や、省電力通信を活用した先駆的なIoT導入事例に関わる。
2017年3月より現職で、登壇回数は延べ400以上。
共著に『IoTエンジニア養成読本』(技術評論社)、『公式ガイドブック SORACOMプラットフォーム』(日経BP社)がある。
1978年生まれの静岡人、座右の銘は「論よりコード」

Twitter:https://twitter.com/ma2shita

和田 健一郎(SORACOM UG運営)


アイレット株式会社所属。
中堅Slerでアプリケーションエンジニアを経て、2016年9月から現職。
SORACOM UGとJAWS UG千葉の運営としても活動中。
IoTは業務無関係の趣味で嗜んでいる。
好きなSORACOMサービスは、SORACOM Funk、Orbit、IoTボタンシリーズ、GPSマルチユニット。
共著に「基礎から学ぶ サーバーレス開発」がある。
2021 APN AWS Top Engineers

Twitter:https://twitter.com/keni_w

木村 健一郎(SORACOM UG運営)


株式会社オルターブース所属。
2014年頃からクラウドの世界に触れる中でサーバレスとIoTに魅せられ、
JAWS-UG福岡やSORACOM UG九州のコアメンバーとしてコミュニティ活動を行っている。
AWS Samurai 2019/SORACOM MVC 2021受賞。
2020年より現職。C#とAzureを武器に、複数のプロダクトの開発に従事している。
家に帰ると4歳の娘と戯れる日々。

Twitter:https://twitter.com/show_m001
Facebook : https://www.facebook.com/kenichirou.kimura
Blog : https://showm001.hatenablog.com/

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Ended

2022/01/28(Fri)

19:00
22:00

Registration Period
2022/01/13(Thu) 12:00 〜
2022/01/28(Fri) 22:00

Location

(場所未定)